トピックスポーツ

キングスHCに佐々宜央氏 「重圧と楽しみ」、伊佐氏は退団

©株式会社琉球新報社

 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは19日、2013年からヘッドコーチ(HC)を務めた伊佐勉氏が退団し、現在日本代表チームアシスタントコーチの佐々宜央氏が新HCに就任すると発表した。伊佐氏の今後は未定という。

 佐々宜央氏は1984年5月13日生まれの33歳。東京都出身。東海大学卒。学生時代からコーチの道を歩み、2005~09年は東海大学、09~12年は日立サンロッカーズ、13~16年はリンク栃木ブレックスのアシスタントコーチを歴任。併せて09年にユニバーシアード日本代表、14~17年は日本代表とナショナルチームのアシスタントコーチも務めてきた。指導者として経験豊富で、HCとして指揮を執るのはキングスが初めて。

 佐々氏はチームを通して、「大きなプレッシャーを感じると同時に、自分が力になれることに大きな楽しみを感じてます」とコメントした。チームづくりについては「オフェンスでは既にポテンシャルが高い選手が多いので、ディフェンスにおいて運動量を増やし、フィジカルコンタクトを自ら積極的に生み出し、相手にとって癖のあるチームづくりをしていきたい」と抱負を述べている。

 佐々氏は日本バスケットボール協会との契約期間が6月末まで残っており、その後にキングスの一員として始動する予定。

あなたにおすすめ