損保大手、3社とも最高益

自動車保険は値下げ方針

©一般社団法人共同通信社

 損害保険大手3社の2017年3月期連結決算が19日、出そろった。自然災害に伴う保険金支払いの減少や、主力の自動車保険の収支改善を要因に、純利益は3社ともに過去最高となった。車の事故が減っていることなどから、3社は自動車保険の保険料を値下げする方針を明らかにした。

 東京海上ホールディングスは純利益が前期比7.6%増の2738億円。正味収入保険料は3兆4804億円。

 純利益が15.9%増の2104億円だったMS&ADホールディングスの収入保険料は3兆4069億円。SOMPOホールディングスは純利益が4.3%増の1664億円で収入保険料は2兆5503億円。

あなたにおすすめ