トピックスポーツ

エルナンデスの王座はく奪 計量失敗、WBCフライ級 20日比嘉戦は予定通り

 ボクシングの世界トリプル戦(20日、東京・有明コロシアム)の前日計量が19日、東京都内のホテルで行われ、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者のファン・エルナンデス(30)=メキシコ=が制限体重の50・8キロを200グラムオーバーし、王座をはく奪された。

 挑戦者の同級1位比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツジム、宮古工高出、浦添市出身=は50・8キロと一発でパスした。タイトルマッチは予定通り実施され、比嘉が勝てば新王者、負けか引き分けの場合はタイトルは空位となる。

 比嘉はデビュー以来12戦12勝12KOで、負け知らずで世界タイトル奪取を狙う。

 ゴングは午後7時予定。対戦相手が制限体重超となったが、比嘉は「絶対に王者になる」と力を込めた。

あなたにおすすめ