CAが教える! 好感度は前髪で上がる

画像顔の印象を大きく変える前髪。接客のプロ、CAが編み出した好感度アップの前髪の法則をご紹介します。前髪あり、なしによって与えたい印象の使い分けもできます

好感度アップの前髪の法則とは

顔の印象を大きく変えるのが前髪。前髪によってまるで別人のように顔の印象が変わることもありますよね。一日に何百人ものお客様と接するCAにとって、第一印象で好感を持っていただくことは必須項目。業務マニュアルの中に前髪に関する細かい規定があるほど、前髪は好感度に大きな影響力があるのです。

そのためCAは前髪にとても気を遣っています。なかにはその日のフライトや与えたい印象に合わせて前髪を使い分けているという人も! CAは制服も髪型も決まっているので、前髪やメイクなどを工夫して印象コントロールするしかないのです。

ここではそんなCAが編み出した好感度アップの前髪の法則、前髪ありと前髪なしで印象がどのように違うかについて、その使い分け方法についてご紹介いたします。

ポイントは明るさと清潔感

好感度アップのために最も大切なことは清潔感です。日頃から髪のお手入れをしっかりとしツヤをキープすることはもちろんですが、清潔感を欠く前髪スタイルにしないことも大切。

まず絶対にNGなのが目にかかるほど長い前髪。清潔感のない印象になるうえ暗く見えてしまいます。好感度アップのために大切なポイントは明るい印象に見せること。重くて暗い印象の人よりも、爽やかで明るい印象の人の方が話しかけやすいですよね。前髪で明るい印象を演出するためにはある程度おでこを見せることがオススメです。

おでこ全開にしなくても前髪を斜めに流して半分おでこを見せるだけで印象がグンと明るくなります。おでこを全部隠してしまうパッツン前髪は可愛いのですが重たい印象になってしまうので好感度の点では△。TPOによって使い分けましょう。ちなみにCAの間では、前髪を全てアップにするおでこ全開スタイルか前髪を斜めにおろし半分おでこを見せるスタイルが人気です。

前髪ありVS前髪なし あなたはどっち派?

それでは前髪なしでおでこを全部見せるスタイルと、斜めにおろしておでこを半分程度見せるスタイルではどちらが好印象なのでしょうか。実はどちらも好感度はとても良いのですが与えるイメージが全く違ってきます。

前髪をアップにしおでこを全て見せるととても聡明な印象になります。そのためテキパキと仕事ができそうに見えるというメリットがあります。CAの中には「前髪をアップにする日は仕事ができそうに見えるからかクレームを受けない」と、トラブルが予想される繁忙期や台風の時などはオールバックスタイルで臨むという人も! 職場でできる印象を与えたいという方、聡明で賢い印象を与えたい、重要な会議でプレゼンをする、などという方は試してみると良いでしょう。また童顔で可愛らしい顔立ちの方がお局様ウケを良くしたいという時にもこのスタイルは効果的です。

反対に前髪ありのおでこを半分みせるスタイルは、前髪があることでフレッシュな若々しい印象を与えます。そのため「前髪ありの日は若く見えるからかミスをしても大目に見てもらえる」と話すCAもいます。ミスをしないことが第一ですが、愛嬌も実力のうち。前髪なしだときつく見えてしまう方や柔らかい印象に見せたい方は試してみると良いかもしれません。清潔感を保ちつつも甘え上手な可愛い印象も与えられるのでデートの時にもオススメです。

前髪が第一印象に与える影響力は計り知れません。清潔感と明るさを大前提とした上で、自分い似合う前髪を知り、シチュエーションによって使い分けられるようになれば大きな武器になります。

(文:清水 裕美子)

あなたにおすすめ