ホークス珍プレー デスパイネが走塁中に村松コーチと接触→アウトに

©株式会社Creative2

19日の西武-ソフトバンク戦(メットライフ)で、珍しいプレーが起きた。

西武戦の4回に珍プレー

 19日の西武-ソフトバンク戦(メットライフ)で、珍しいプレーが起きた。

 4回、ソフトバンクの攻撃だった。2死からデスパイネが右越えの二塁打で出塁。そして、続く中村晃は右前安打を放った。ここで二塁走者のデスパイネは、スピードに乗ったまま、三塁を回るが、三塁ベースコーチの村松有人外野守備走塁コーチはストップのアクション。三塁線上で2人が接触しそうになった。村松コーチは回避しようとしたが、デスパイネの左手が同コーチの左腰の辺りに触れた。

 球審の原が、デスパイネにアウトを宣告。野球規則には、ベースコーチが走者に触れ、離塁や帰塁を肉体的に援助したと審判が認めた場合は、インターフェアによりアウトになると定められており、これが適用された形だ。

 工藤公康監督は抗議に出たものの、判定は覆らず、3アウトでチェンジとなった。

あなたにおすすめ