「ご祝儀2万円はNG」の呪縛は解き放れつつある。

おめでたい席である「結婚式」

お世話になった、あるいは親しく付き合っているという人の結婚式には、何をおいてもかけつけたいもの。

しかしそこで問題になってくるのが、「御祝儀」です。

これはいくらくらいお渡しすればよいのでしょうか。

友人なら3万円、兄弟姉妹ならば5万円程度が相場

友人の結婚式に招待された場合、その相場は3万円といったところでしょう。

兄弟姉妹、特に妹や弟のお式の場合は、5万円~10万円程度が相場です。

ただし、「兄や姉が結婚した」という場合は、まだ若い世代(20代なかばまでなど)は、2万円程度でも失礼に当たらないと言われています。

同僚が相手の場合も、友人のときに準じます。

「2万円」はOK? それとも…

かつてご祝儀は、奇数の数字を入れるのがマナーでした。(10万円などのきりのよい数字は除きます)

これは「割り切れない数字」を意味するものであり、夫婦の離縁をイメージさせないためだったと言われています。

しかし現在では、「2万円のご祝儀」も広まりつつあります。

これは、
「ペア」
「2人」 という意味を持ちえるため、「受け入れてもよい金額なのではないか」と考えられるようになりました

ただ、「3万円か、それとも2万円か」ということで迷ったのならば、3万円を出しておく方がよいでしょう。

多くもらって怒る人はあまりいないからです。

会費制にする人もいる

現在では、レストランなどで会費制で結婚式を行う人も増えています。

この場合の会費設定としては、1万円~2万円ほどが相場でしょう。

会費制の場合、この「会費」がそのままご祝儀がわりとなります。そのため、ご祝儀をお渡しする必要はありません。

また、会費が定められているときは、「多めにしよう」と考えることも必要なく、言われた会費をお渡しするだけで問題ありません

もちろん会費制のパーティーでも引き出物を配るご夫婦はいますが、その引き出物は、一般的な結婚式よりもずっと簡素なことが多いはずです。

会費制のパーティーは、
新郎新婦側も参列者側も金銭的な負担がそれほど多くはない という特徴があります。

会費制だけど…

「会費制ということなので会費を渡したけれど、自分のときにはもっとたくさんご祝儀を戴いている。何かお返ししたい」と考える人もいるでしょう。

その場合は「プレゼント」というかたちで相手に気持ちを示すことをおすすめします。

結婚式のプレゼント

2人で使えるものが良いでしょう。写真立てやキッチン用品などがあります。

また、仲のよい友人であるのなら、何か欲しい物はないか聞いてみるのも手です。(執筆者:鍋谷 萌子)

Related posts:

あなたにおすすめ