自殺図るが…線路の間で軽傷 大津のJR、9500人影響

 19日午後1時ごろ、大津市大萱1丁目のJR東海道線瀬田駅で、男性がホームから線路内に立ち入るのを姫路行き新快速電車の運転士が見つけた。電車は男性の上を通過したが、男性はレールの間に寝そべっていたため、顔に軽傷を負ったものの命に別条はないという。

 JR西日本によると、電車は同駅を通過する予定だったが、立ち入る男性を約100メートル手前で発見し、非常ブレーキをかけたという。大津署によると、男性は京都市西京区の大学生(22)で、「将来を悲観して自殺しようと思った」などと話しているという。

 上下6本が部分運休したほか計14本が最大48分遅れ、約9500人に影響した。

あなたにおすすめ