地域でケアする高齢化社会を模索 新潟市でフォーラム

画像地域包括ケアシステム構築について考えたフォーラム=19日、新潟市中央区

 高齢化社会における医療や福祉環境をテーマにした「にいがたヘルスケアフォーラム」が19日、新潟市中央区の新潟日報メディアシップで開かれた。住み慣れた地域社会で暮らし、医療や介護を一体的に提供する「地域包括ケアシステム」の構築に向けた課題や取り組みについて考えた。

 第四銀行が主催。医療や介護の関係者ら約100人が参加した。

 病院のコンサルティングなどを手掛ける日本経営(大阪)の銀屋創常務が講演。2018年度の診療報酬、介護報酬の同時改定について「リハビリを充実させて病院から在宅へと促す改定になる」と解説。ただ、地域ごとに医療環境は異なるとして「どのような地域包括ケアにするかは、それぞれで考えなくてはならない」と指摘した。

 パネルトークでは新潟日報社の「地域包括ケアネット ささえ~る+」のアドバイザーを務める医師や医療ソーシャルワーカーらが、医療と介護連携の取り組みを紹介。「専門職同士のつながりはできつつある」「住民も巻き込んだ活動にしたい」などの意見が出た。

あなたにおすすめ