宮武博議長「非常に残念」

画像

 岡山市議会の宮武博議長は19日、報道陣の取材に応じ、引き続き議長職にとどまる考えを強調した。

 宮武議長は、不信任決議について「迷惑をかけ非常に残念」としつつ、共産党市議団の提出した決議に自民党市議団から賛同者が出たことを挙げて「理解できない」と不満をにじませた。

 2年の申し合わせ任期を守らない理由については「会派が割れることのないようにしようと思った」とし、「(議会が)正常化すればいつでも辞めることが考えられるが、今の段階では岡山市の発展のため頑張っていこうと思っている」と繰り返した。

あなたにおすすめ