心に迫る力作34点 美里町で収蔵作品展

©株式会社河北新報社

杉村惇さんの「双駿」(手前)など、力作の並ぶ会場

 美里町に寄贈された絵画を紹介する「町収蔵作品展」(町教委主催)が町近代文学館で開かれている。31日まで。

 館の所有する寄贈作品75点のうち、書などを除いた34点を展示。仙台市名誉市民の洋画家杉村惇さん、東北福祉大教授の洋画家原秀一さんらの作品をはじめ、町内外の作家による河北美術展入賞・入選作など、力作が並ぶ。

 寄贈作品を町民に広く紹介するのは初めて。扇子(おおぎ)美津男館長は「迫ってくるような力のある作品ばかり。美術活動を町に根付かせたいという、作品に込められた熱い思いを感じ取ってほしい」と話している。

 入場無料。月曜休館。連絡先は町近代文学館0229(33)3030。

あなたにおすすめ