「ホタル族」被害者の会結成 ベランダで喫煙やめて ほか

23時トップ5ニュース

1. 「ホタル族」被害者の会結成 ベランダで喫煙やめて

画像 「近隣住宅受動喫煙被害者の会」結成の会合であいさつする荻野寿美子代表=19日午後、東京都千代田区

 流れてくる隣の住人の煙、我慢できません―。マンションのベランダなどでたばこを吸う「ホタル族」による受動喫煙の被害を訴え、「近隣住宅受動喫煙被害者の会」が19日、結成された。

 東京都内で開かれた会合で、埼玉県在住の荻野寿美子代表(49)が「受動喫煙で夜も眠れない人や、ぜんそく発作を起こした子どももいる。一人で立ち向かうのは難しい。協力して住みよい環境づくりを目指したい」とあいさつした。

 家の中では家族に嫌がられたり煙で部屋が汚れたりするため、ベランダに出てたばこを吸う人は多く、暗がりで火だけが見える姿からホタル族と呼ばれるようになった。

2. 石垣で国内最古の全身人骨 旧石器時代「埋葬初確認」

画像 白保竿根田原洞穴遺跡で見つかった約2万7千年前のものとみられる人骨(沖縄県立埋蔵文化財センター提供)

 沖縄県・石垣島(石垣市)の「白保竿根田原洞穴遺跡」で2016年までの調査で見つかった旧石器時代の人骨が、全身骨格がほぼ残った人骨としては国内最古の約2万7千年前のものとみられることが分かった。同県立埋蔵文化財センター(西原町)が19日発表した。人為的に安置されていたとして「旧石器時代の埋葬と墓域を国内で初めて確認した」と説明している。

 これまで最古とされていたのは、沖縄本島南部で発見された「港川人」の約2万2千年前。同センターの金城亀信所長は19日の記者会見で「日本の人類史に新たな一ページを刻むことができる重要な発見だ」とした。

3. 新天皇即位は18年12月想定 来夏に期日、元号発表も

画像 天皇陛下(左)、皇太子さま

 政府は19日、天皇陛下の退位を実現する特例法案を衆院に提出した。退位と新天皇の即位は来年12月を想定し、成立後に準備を本格化。皇位継承に伴って改める元号は来年夏にも事前発表する構えで、退位と即位の期日決定と同時期に行う可能性もある。来週後半以降に始まる見込みの国会審議では「女性宮家」創設を巡る付帯決議の取り扱いが焦点だ。

 特例法案は皇太子さまの即位を実現する背景として、陛下の即位した年齢を超える57歳となり、国事行為の臨時代行など公務に「長期にわたり精勤」している状況に言及。政府は代替わりの具体的な時期について、準備状況を踏まえて判断する方針だ。

4. 共謀罪、23日衆院通過図る 自公維は採決強行、野党阻止へ

画像 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の採決が強行され、委員長席を取り囲む野党議員ら。右端は金田法相=19日午後、衆院法務委

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は19日の衆院法務委員会で与党側が採決を強行し、自民党、公明党や日本維新の会の賛成多数で可決された。与党側は23日の衆院通過を目指す。民進、共産、自由、社民の野党4党は可決が強行されたことに反発し、衆院本会議での採決阻止に向けて連携を強化することを確認した。国会周辺では市民らが抗議活動を行った。

 4党の幹部は19日、可決は容認できないとして、法案を法務委に差し戻し審議をやり直すよう大島理森衆院議長に要求。本会議に法案を上程しないよう申し入れた。

5. 中2自殺前日に教諭体罰、仙台 教育長「一因の可能性」

画像 自殺した生徒への体罰があったことを謝罪する仙台市教委の関係者=19日午後、仙台市役所

 いじめ被害を訴えていた仙台市立中2年の男子生徒が4月に自殺した問題で、市教育委員会は19日、50代の女性教諭が授業中に生徒の口に粘着テープを貼ったり、自殺前日に別の50代の男性教諭が生徒の頭をたたいたりする体罰を加えていたと市議会に報告した。

 市議会後、大越裕光教育長は報道陣に「(自殺前日の)4月25日の体罰が、男子生徒が自殺した一因の可能性もあり得る」との認識を示した。市教委は教諭の処分を視野に調査する。

 市教委によると、粘着テープを貼ったのは1月。15センチ程度の長さで約10~15分間、口をふさいだ。「生徒がうるさくしていたため」としている。

あなたにおすすめ