県民理解、気遣う声 退位特例法案来月成立へ

©株式会社宮崎日日新聞社

 「ゆっくり休まれて」「陛下のお気持ちに寄り添っていくべきだ」-。天皇陛下の生前退位を実現するための特例法案が閣議決定された19日、県民からは、象徴天皇の務めを安定的に続けるための法案の趣旨を理解し気遣う声が聞かれた。一方で、天皇制への関心を高め、恒久的な制度化や女性天皇の誕生に向けた議論を求める意見もあった。

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。