【J1展望】横浜×仙台|攻撃の迫力不足に悩む横浜。仙台は怪我明けの中野に注目

画像

J1リーグ 第12節
横浜F・マリノス-ベガルタ仙台
5月20日(土)/14:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
今季成績(11節終了時):9位 勝点16 5勝1分5敗 11得点・11失点
 
【最新チーム事情】
●今節のトップ下の先発は前田か。天野がトップ下、扇原がボランチという布陣も試していた。
●甲府戦で左太ももを負傷したデゲネクだが、問題なく仙台戦に出場できる見込み。
●負傷離脱していた富樫と中町が全体練習に合流。試合出場はもう少し先かもしれないが、チームにとっては明るいニュースだ。
 
【担当記者の視点】
 前節・甲府戦の勝利で連敗をストップ。復調のきっかけを掴んだかに見えるが、チーム状態は決して良くない。
 
 中町ら怪我人の復帰は朗報とはいえ、攻撃の迫力不足は依然、課題として残る。齋藤は開幕当初のキレがなく、トップ下のバブンスキー、あるいは前田も満足のいくパフォーマンスを示せていない。CFの伊藤は前線からの精力的な守備が光るが、ゴール前での脅威にやや欠ける印象だ。
 
「学がいろいろと考えて、アイデアを出している」(中澤)ように、今は生みの苦しみかもしれない。辛抱強く戦いながら、着実に勝点を積み上げていきたい。
 

画像

J1リーグ 第12節
横浜F・マリノス-ベガルタ仙台
5月20日(土)/14:00/日産スタジアム
 
ベガルタ仙台
今季成績(11節終了時):14位 勝点13 4勝1分6敗 11得点・22失点
 
【最新チーム事情】
●臀部痛で離脱中の菅井は今週も復帰できず、横浜戦も欠場の見込み。
●中野が15日の作新学院大との練習試合で30分プレー。状態が良く、ベンチ入り濃厚。
●金久保は全体練習に部分合流。
 
【担当記者の視点】
 前節は最下位の大宮相手に1-2と逆転負け。PKのリフレクションをキッカーだったクリスランが押し込んで先制したが、後半は相手の勢いに押され、セットプレーとカウンターから失点を喫した。
 
 先発を変更しない可能性が高いが、リーグ戦2連敗の悪い流れをせき止めるために、関や石川直、奥埜らを起用する可能性も。そのなかで大きな期待が掛かるのが、キャンプ前の負傷から復帰した中野だ。
 
 ピッチな立てば、豊富な運動量と高い突破力で、攻撃のアクセントとなるはず。出場の場合は右ウイングバックか。「日に日に良くなっている。何をやれるかはキャンプで示してくれていた」と渡邉監督。若きドリブラーは窮地を救えるか。要注目だ。

あなたにおすすめ