絶好調男の3戦連続弾で川崎が先制!怪我人続出の鹿島に、さらなるアクシデントが…

©株式会社日本スポーツ企画出版社

[J1リーグ12節]鹿島×川崎/5月19日/カシマ
 
 J1リーグ12節の鹿島対川崎が19日、県立カシマスタジアムで19時3分にキックオフされた。
 
 ホームの鹿島は5分、永木のロングフィードでラインの裏に抜け出した鈴木が、フリーでボレーを狙ったが、空振りしてチャンスを逃す。12分には、金森がドリブルでエリア付近まで持ち込み、逆サイドにパス。これを受けたレアンドロがクロスを上げると、ファーサイドの鈴木がヘッドで合わせる。しかし、惜しくもゴールの枠を外れた。
 
 さらに鹿島は、18分にもビッグチャンスを迎える。小笠原のCKをファーサイドで待っていた鈴木が、決定的なボレーシュート。だが、GKのファインセーブに防がれてしまった。
 
 すると、直後のプレーで川崎が先制する。GKチョン・ソンリョンがビッグセーブでピンチをしのぎ、そのこぼれ球を拾ってカウンターを発動。縦パスを受けた長谷川がエリア内まで持ち込んでシュートを放ち、GKの弾いたボールに阿部が詰めてネットを揺らした。
 
 阿部は10節・新潟戦、11節・磐田戦に続く3試合連続弾。絶好調男のゴールで川崎が先手を取った。
 
 リードを許した鹿島は、20分に金森のクロスに鈴木がフリーで合わせるも、DFにブロックされてゴールならず。攻撃の組み立てはスムーズで、いくつもチャンスを作ったが、フィニッシュの精度を欠いて1点が奪えない。
 
 対する川崎は、45分に訪れた決定機をしたたかにモノにする。E・ネットが縦パスを送り、これを大島がスルー。小林が最終ラインの裏に抜け出してクロスを送り、阿部がボレーを放った。このシュートはGKクォン・スンテの好セーブに阻まれたが、最後は長谷川がボレーで蹴り込んだ。
 
 そのまま川崎の2点リードで前半は終了。L・シルバ、遠藤、植田が負傷離脱中の鹿島は、CB町田が右膝を痛めてピッチを去るアクシデントにも見舞われている。
【鹿島0-3川崎PHOTO】ホーム鹿島が3失点で川崎に完敗!http://www.soccerdigestweb.com/topics_detail9/id=25855&repeatCnt=1

あなたにおすすめ