公社関係者ら胸中複雑 エコプラザ判決

 「エコクリーンプラザみやざき」(宮崎市大瀬町)の浸出水調整池の破損をめぐり、設計業者への賠償を認めた19日の宮崎地裁判決。問題発覚から9年の歳月を経て導き出された“結論”を、訴訟を主導した県環境整備公社の元理事長ら関係者は「長い道のりだった」「大きな節目」と受け止めた。

Follow

宮崎日日新聞 MIYANICHI ePRESS

on

©株式会社宮崎日日新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。