宇宙人と言語学者の対話描く『メッセージ』の美はこうして生まれた…ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が明かす裏側

画像圧倒的な美しさ - 映画『メッセージ』より

 来日したドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がインタビューに応じ、『ブレードランナー2049』の前に手掛けて高く評価されたSF映画『メッセージ』の制作秘話を明かした。原作は、その驚くべき構成から映像化不可能とされてきたテッド・チャンの「あなたの人生の物語」。突如として地球に現れた宇宙人との共通言語を探るという知的好奇心がくすぐられる過程に、とつとつと主人公の言語学者(エイミー・アダムス)の人生の一場面が差し込まれていくが、その理由は心揺さぶられるエンディングで帰結するという芳醇な映画体験ができる名作だ。

映画『メッセージ』フォトギャラリー

 フランス系カナダ人のヴィルヌーヴ監督は「(アメリカ人脚本家の)エリック・ハイセラーこそが、本作のドラマの構造を見つけた人物です。政治的・軍事的なコンテクストというのは原作にはありませんでしたから」とハイセラーの仕事ぶりを称賛する。しかし、それによって映画的なダイナミックさが生まれた一方で「ちょっと行き過ぎてしまった」と感じもしたといい、原作にある“言語の力”をちゃんと描こうと提案して二人で脚本を推敲していったという。十分にドラマチックでありつつ、原作の詩情もつかんだ本作は、それぞれの良さを持ち寄った二人の共同作業の賜物といえる。

 出演のジェレミー・レナーが「(ヴィルヌーヴ監督は)細かなところまでこだわりがあって、確信に至るまで何千回とテイクを撮る。スタンリー・キューブリック監督みたいだ」と話していたと知らされ、思わず笑みを漏らしたヴィルヌーヴ監督。一つ一つのシーンが計算しつくされたかのような美しさだが、実際に撮影前に、細かいところまでどのように見えるべきか決めているという。

 「『メッセージ』は完全にストーリーボードに従って作りました。映画の言語が誰にとっても明快であることを確かめるため、自分自身にとってもその映画をよく知るために。ストーリーボードアーティストと自分だけでホテルの部屋に何時間もこもるという、映画作りにおけるこの部分が大好きなんです。昔はストーリーボードは作っていませんでした。ストーリーボードは“制限”になると思ったんです。でも今はそれとは反対に感じています。基礎がしっかりしているからこそ、撮影現場で即興をしたり、計画を変更したりできる。しっかりと事前に決めることによって、たくさんの自由が生まれるんです」。

画像ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督と東京タワー

 撮影監督は『グローリー/明日への行進』『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』のブラッドフォード・ヤングで、これが初タッグとなった。「とても融通が利いて、自然光をうまく使うことができる撮影監督を探していました。わたしは光の観点で言えば、触れることができるような、可能な限り確かな世界を作りたいと思っていたからです。宇宙船の中は外とは違う光でしょうし、ブラッドフォードはそうした点にとても敏感でした」。撮影はヴィルヌーヴ監督がストーリーボードで自身の意見を示す一方で、時にブラッドフォードの感性に任せる(特に子供とのシーンとのこと)などとても親密なプロセスで進んだといい、再タッグを望むほどに相性がよかったようだ。

 そして、宇宙船内部デザインについては、光と空間を題材とした作品で知られるアメリカ人アーティスト、ジェームズ・タレルに影響を受けたという。ヴィルヌーヴ監督は「脚本をもらってこの映画について考え始めた時、ジェームズ・タレルのニューヨークの展覧会に行ったんです。美術館に入り、彼の展示を見て即座に「『メッセージ』をどう作るべきかわかった」と思いました。部屋に入るとそこは色で満ちていて、そうした惹きつけるような魅力をわたしたちも光でやろうとしました」と本作において光がいかに重要な要素であるか明かした。

 また、主演のエイミー・アダムスが本作のセットに娘を連れてくることができてよかったと語っていたが、それは一人の女性の人生、母親であることを描いた作品でもあるからあえてそうしたのかとの問いに「いいえ。わたしはただ子供たちがセットに来るのが好きなんです」とほほ笑んだヴィルヌーヴ監督。「わたしにも子供がいますし、子供たちがセットに来て親たちが働いているのを見ているのが好きなんです。なぜなら映画作りのプロセスはとてもミステリアスで、時に説明するのがとても難しいものですから。そして『メッセージ』では娘が一緒に働いてくれるという、これまでで最も美しい経験ができました。衣裳部門にいて宇宙スーツを担当していて、俳優たちとセットで働いていたんです」と優しい父親の顔をのぞかせた。(編集部・市川遥)

映画『メッセージ』は公開中

あなたにおすすめ