志摩・海女小屋体験施設「さとうみ庵」 木造の新棟完成 バリアフリーにも対応

 【志摩】志摩市観光協会が運営する海女小屋体験施設「さとうみ庵」(同市志摩町越賀)にこのほど、新棟が完成し公開された。

 新棟は木造平屋で約五十平方メートル。約三十人が利用でき、入り口の段差をなくすなどバリアフリーにも対応している。建設資材には友好都市提携を結んでいる岐阜県郡上市の木材が使用された。

 さとうみ庵は平成十三年に開設。海女小屋は新棟を含めて三棟で、計七十人を収容できる。伊勢志摩サミットが開催された昨年には利用者が前々年の二倍となる約六千七百人が訪問し、海外からの観光客も増えているという。

 同協会の担当者は「たくさんの人に施設を利用してもらい、海女文化の発信につなげたい」と話している。

 要予約。問い合わせは同協会=電話0599(85)1212=へ。

画像【完成した海女小屋体験施設で料理を楽しむ観光協会関係者ら=志摩市志摩町越賀で】

あなたにおすすめ