ペット長寿で快適に 専門店が雑貨や餌 品ぞろえ強化

 ペットの長寿化を受け、ペットが日常を快適に過ごすための雑貨や高齢化に対応する餌が増えている。家族同様に扱う飼い主が増えており、元気で長生きしてほしいとの思いに応えるため、群馬県内でペット用品を扱う店舗は品ぞろえを強化し、メーカーも開発に力を入れている。

 新田動物病院に併設するペットスクエア(太田市新田市野井町)は、原材料を厳選した動物病院専用の餌を取り扱う。子犬用から成犬用まであり、同病院の利用者以外でも買い求める人が多い。飼い主の健康志向は高まっており、無添加のおやつも人気という。

■高機能ベッド ウレタン2層構造、張り子のハウス…

 高齢のペットに優しい体圧分散ベッドも売れ筋。低反発素材と高密度のチップウレタンの2層構造で長時間寝ていても疲れにくく、床ずれを防ぐ。夏の暑さ対策で、ぬらして絞ってたたくと生地温度が下がる服も薦める。

画像ビットカプセルが発売する張り子の猫用ハウス

 ビットカプセル(桐生市本町)は、安心安全にこだわった高級猫用ハウスを開発販売している。布を立体的に縫製したものや、木製で地球儀のような形をしたものがあり、いずれも猫がけがをしないように金具の使用は避け、塗料は自然素材のものを使う。

 今月、工芸品製造のアクティ大門屋(高崎市下豊岡町)と共同開発した張り子のハウスを発売する予定だ。子猫を保護したことから同事業を立ち上げたビットカプセルの石原則和代表は「猫は閉じた空間が好き。快適に過ごしてもらえるはず」と自信をみせる。

 ホームセンターのカインズ(埼玉県本庄市)はプライベートブランドの春夏物で、接触冷感の生地を使ったベッドや放熱効果の高いアルミプレートを投入した。ベッドは高齢のペットでも入りやすいように段差を低くしている。

■栄養を配合 コンドロイチン配合

 餌も歯の弱い高齢ペット向けに軟らかいものや、関節障害を防ぐためにコンドロイチンを配合したものを豊富にそろえる。

画像ペットが快適に過ごすための商品がそろう=ペットスクエア

 ペットフード協会の2016年の調査によると、犬猫ともに平均寿命は15歳前後で長寿化が進んでいる。共に過ごす時間が長くなることから、同社バイヤーの永田誠さんは「ペットが家族のようになり、健康などにお金をかける人が増えている」と分析する。

あなたにおすすめ