白鳥大橋、通行規制へ 29日から

 室蘭市内の白鳥大橋(全長1380メートル)の大規模補修工事に伴い、室蘭開建は29日午前6時から通行規制を行う。昨年9、10月の規制は時間帯によって一方通行となったが、今回は終日、片側交互通行となる。

 白鳥大橋は1日約1万2千台が通行する道内最大のつり橋で、1998年に開通。老朽化で舗装にひびが入り、舗装下の鉄製の床板にさびが広がっているため、昨年度に下り線(陣屋町から祝津町に向かう車線)の550メートル分を補修。本年度は下り線の残り830メートルを実施し、上り線は来年度以降に補修する。問い合わせは同開建室蘭道路事務所(電)0143・85・9800へ。

あなたにおすすめ