「政権は退場を」 共産・志位委員長

画像

 共産党の志位和夫委員長が19日、横浜市中区の桜木町駅前で演説し、組織犯罪処罰法改正案の強行採決に対し「強い憤りをもって抗議する」と訴えた。

 志位委員長は「法案の一番の問題点は心の中を処罰すること。憲法で認められた思想信条の自由を侵すことは明白だ」と主張。「『廃案にせよ』という声を国会に集結させてほしい」と呼び掛けた。

 さらに、憲法改正の動きや加計学園問題、閣僚の相次ぐ失言などに触れ「安倍政権はボロボロの暴走車。退場してもらうしかない」と批判した。

あなたにおすすめ