新会長に二之湯氏 自民京都府連、幹事長は菅谷氏

 自民党京都府連は19日までに、任期満了に伴う役員改選で、新会長に二之湯智参院議員、新幹事長に菅谷寛志府議を充てる人事を固めた。21日の府連大会で承認される見通し。

 府連役員は2年ごとに改選しており、現会長の西田昌司参院議員は2013年から2期連続で務めている。来春は府知事選を控えており、会長経験のある二之湯氏を選んだ。幹事長は任期中に知事選がある場合は府議から選出しており、自民府議団長も務めたベテランの菅谷氏に白羽の矢が立った。

 二之湯氏は京都市議を5期務め、04年参院選で初当選。3期目。総務副大臣などを歴任し、10~13年に府連会長を務めた。72歳。

 菅谷氏は奥田幹生元文相の秘書を経て、1999年初当選。5期目。府監査委員などを務めた。56歳。

あなたにおすすめ