【高校野球】山形南は終盤に逆転

 第64回春季東北地区高校野球県大会は19日開幕し、鶴岡市小真木原野球場と酒田市光ケ丘野球場で1回戦計4試合を行った。

 開幕試合となった酒田西—高畠は、酒田西が6—4で競り勝った。山形南は終盤に逆転し、酒田東に8—7で勝利。山形中央は南陽を11—1の五回コールドで下した。酒田南は山形工に9—0で七回コールド勝ちを収めた。

 試合に先立って鶴岡市小真木原野球場で行われた開会式では、澄み切った青空の下で各チームが行進。山形中央の大泉周也主将が「今しかできない高校野球。山形県の最高のライバルたちと高め合い、最後まで熱くプレーする」と力強く選手宣誓した。

 第2日の20日は両球場で1回戦4試合と2回戦2試合が行われる。きょうの試合【鶴岡市小真木原野球場】 ▽1回戦酒田光陵—山形商(9:00)長井—山形電波工(11:30) ▽2回戦日大山形—酒田西(14:00)【酒田市光ケ丘野球場】 ▽1回戦上山明新館—新庄東(9:00)米沢工—山本学園(11:30) ▽2回戦山形中央—鶴岡東(14:00)

あなたにおすすめ