長いトンネル抜けたロッテ 劇的勝利でナインに戻った笑顔

長いトンネルを抜け出した。千葉ロッテが19日、楽天にサヨナラ勝ちし、連敗を8で止めた。今季40試合目でようやく10勝に到達。久しぶりに、ナインに笑顔が戻った。

画像ロッテ・涌井秀章【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

力投見せたエース涌井、連敗8で止めたロッテ

 長いトンネルを抜け出した。千葉ロッテが19日、楽天にサヨナラ勝ちし、連敗を8で止めた。今季40試合目でようやく10勝に到達。久しぶりに、ナインに笑顔が戻った。

 延長10回1死二、三塁。根元がバットを短く持ち、フルカウントから体勢を崩しながらボールに食らいついた。ボールはライト前へ。サヨナラの瞬間に、本拠地に詰めかけたファンと、ロッテベンチが沸いた。「何とか決めてやろうという気持ちでした。本当にうれしくて、でも、感情は抑えました」と、お立ち台で根元選手。連敗ストップには「ホッとしています」と笑った。

 先制を許すも3回無死一、三塁で相手先発・釜田投手のボークによって同点とすると、この日のヒーローの根元が2死二塁から中前に勝ち越し打。だが悪いチームの流れなのか、優位には立てず、9回に同点とされてしまう。

ここから巻き返しなるか―

 オープン戦13勝2敗3分というぶっちぎりの成績で迎えたペナントレース。だが公式戦の10勝目は遠かった。チーム打率は2割に届かず、本塁打数、防御率も含め12球団ワーストの数字。新外国人のダフィー、パラデスは思うような結果を残せず、他の野手陣、そして投手陣も軒並み不振にあえいだ。16日には37試合目で早くも自力優勝が消滅してしまった。

 だが、こういう苦境で意地を見せたのはエースだった。先発の涌井投手が9回139球の熱投。伊東監督は9回を内投手で想定していたが、すでに119球を投げていたエースから続投を直訴されたという。結果的に1死一、三塁で、野選の間に同点とされたが1死一、二塁から踏ん張り、勝ち越し点を許さなかった。「やっぱりエースだなと思った。連敗を止めるのは涌井しかいないんじゃないかと思った」と根元が振り返ったように、その気迫が結果的にサヨナラを生んだと言えるだろう。

 借金は19と、まだまだ先は長い。だが快進撃を続けてきた首位の楽天からもぎ取ったこの1勝は大きい。勝利後、安どの表情だった伊東監督だが「これを明日につなげないといけない」と、すぐさま切り替えた。ここから、まさに“下剋上のロッテ”と言われるチームの底力を見せたい。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部

あなたにおすすめ