全国の地ビール堪能 徳島市でフェスタ始まる

画像

 全国の地ビールを味わえる「徳島地ビールフェスタ」が19日、徳島市の藍場浜公園で始まり、仕事を終えた会社員らが飲み比べを楽しんだ。21日まで。

 徳島や兵庫、岡山、東京などの醸造所やビール販売会社15社が各2〜4種類、計約40種類のクラフトビールを販売。果実味と深いコクが特徴の「ペールエール」や、すっきりとしたのどごしの「ピルスナー」、各地特産の果物を使った「フルーツビール」などのブースが並んだ。

 同僚らと訪れた阿南市那賀川町の会社員山下裕紀子さん(41)は「普段は飲めない他県の地ビールも飲むことができるのでうれしい」と話していた。

 フェスタは、県内の酒造会社など3社でつくる実行委員会が主催し、昨年9月に続いて2回目。飲食チケットは10枚つづり3500円。問い合わせは実行委<電090(2892)9380>。

あなたにおすすめ