世耕経産相、米通商代表と会談

対日強硬派、開放要求が焦点

画像
ライトハイザー米通商代表=15日、ワシントン(AP=共同)

 【ハノイ共同】ベトナムのハノイを訪問している世耕弘成経済産業相が20日午前(日本時間同日午後)、ライトハイザー米通商代表と会談した。ライトハイザー氏が日本の閣僚と会談するのは初めて。同氏は自動車や農産物分野を含む通商交渉全般を担当しており、対日強硬派で知られる。日本市場の開放を初会談で要求してくるかが焦点となる。

 ライトハイザー氏は米議会の承認を受けて、15日に通商代表に就任したばかり。就任前の3月に開かれた米議会の公聴会では、日本市場の閉鎖性を指摘し、「日本は農業交渉の第一の標的になる」と述べた。

あなたにおすすめ