ドローンスクール開校 経験者コースで資格認定 猪苗代

画像

 会津若松市の南進測量が運営するドローン・スクール・ジャパン会津猪苗代校は19日、猪苗代町千代田に開校した。一般社団法人ドローン操縦士協会が承認した県内初の操縦士技能資格認定校。

 開校式で樋山秀樹社長があいさつし、前後公町長らが祝辞を述べた。協会の小林一郎理事長が樋山社長に認定校の盾を手渡した。模擬飛行が行われ、高さ約40メートルから猪苗代湖や磐梯山をカメラで撮影した。農薬散布に使える機体を紹介した。

 同校はJR猪苗代駅前にある旧会津バス猪苗代営業所跡地に建てられた。同社の原道夫専務が校長を務め、外部講師2人とともにドローンの操縦士を養成する。未経験者のフライトコースと経験者のビジネスコースを設け、6月から受講を受け付ける。ビジネスコースに合格すると「ドローン操縦士・回転翼三級」が取得できる。問い合わせは同校 電話0242(63)2045へ。

あなたにおすすめ