医療機器のEVIジャパン 福島工場の開所祝う

画像

 補助人工心臓などの医療機器を開発・製造するEVIジャパンは19日、福島工場の開所式を福島市渡利の現地で行い、関係者が新拠点の誕生を祝った。

 本村禎社長、畠利行副知事らによるテープカットに続いて内覧会を開いた。本村社長が分解洗浄室やクリーンルーム、オフィスなどを案内し、洗浄機やレーザー顕微鏡などの機器の性能を紹介した。

 福島工場は新社屋を兼ねており、鉄骨造り2階建て・延べ床面積は490平方メートル。心臓病患者が移植を待つ間に使う補助人工心臓をはじめ、最先端の医療機器を手掛ける。医療機関で使われる機器の洗浄作業なども受注する。

 補助人工心臓は今年度150台程度の生産を計画している。将来的には米国や欧州への輸出も目指す。

 福島工場の整備には県の福島医療・福祉機器開発・事業化事業費補助金を活用した。

あなたにおすすめ