初夏の渓谷 ゴムボートでツアー

画像新緑が美しい神秘的な三淵渓谷

 長井市の「ながい百秋湖」(長井ダム湖)で週末に運行されているゴムボートツアーが、初夏の渓谷美を楽しめるとあって、多くの観光客でにぎわっている。

 往復約5キロを1時間で巡るツアーの醍醐味(だいごみ)は、コース中盤にある断崖「三淵渓谷」。約200メートルにわたって両側から高さ50メートルほどの岩壁が迫る。崖から身を投じて竜神になったという「卯(う)の花姫」の伝説も残っている。陸上からは容易に近づけず、パワースポットとして人気が出ている。

 娘たちと4人で初めて参加したという仙台市の渡辺栄さん(92)は「美しい景観に感激しました」と話していた。

 ボートツアーは、地元のNPO法人「最上川リバーツーリズムネットワーク」(佐藤五郎代表理事)が金-日曜日に実施。今季は11月中旬ごろまで1日4便運行予定だが、10月以降はダム工事のため三淵渓谷の通り抜けができなくなるという。連絡先は事務局0238(87)0605。

あなたにおすすめ