将棋電王戦第2局、姫路城で火ぶた 意表突く展開に

©株式会社神戸新聞社

将棋ソフト「ポナンザ」と戦う佐藤天彦名人=20日午前、姫路市本町の姫路城(撮影・吉田敦史)

 将棋の佐藤天彦名人(29)とコンピューターソフト「PONANZA(ポナンザ)」による2番勝負「第2期電王戦」の第2局が20日午前10時、兵庫県姫路市本町の世界文化遺産・国宝姫路城で始まった。4月に行われた第1局では佐藤名人が敗れている。

 佐藤名人はソフトの指し手を再現するロボットアームと盤を挟んで向かい合った。先手の佐藤名人が初手を2六歩と突くと、ソフトは4二玉と意表を突く手で応じた。

 持ち時間は各5時間。同日夜までに決着する見込み。

あなたにおすすめ