一関の80代女性、つつが虫病感染 県内で今年初

 県は19日、一関市の80代女性がつつが虫病に感染したと発表した。県内のつつが虫病感染は今年初。

   女性は4月21日に発病。自宅近くの畑で左脚を刺されたとみられ、現在は回復している。ツツガムシは野山に生息するダニの一種で、5~14日間の潜伏期間を経て発熱、発疹などの症状が出る。人から人への感染はしない。

 県内では2013~16年に年間3~7人が感染。例年5、6月の感染報告が多く、県は野山や田畑などでは素肌の露出を控え、疑わしい症状が出た場合は早めの受診を呼び掛けている。

あなたにおすすめ