マカオの大型IRで半年間の実習体験…地元学生111人がサンズチャイナ主催のインターンシッププログラムから巣立つ

画像サンズチャイナのIR実習体験インターンシッププログラム修了式(写真:Sands China Limited)

 マカオで複数の大型IR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナは5月9日、地元大学生を対象としたおよそ半年間に及ぶIR実習体験インターンシッププログラムの修了式を開催し、111人に対して終了証書が手渡された。

 同社によれば、今回のインターンシッププログラムでは、コンシェルジュ、料飲、コーポレート・コミュニケーション、エンターテイメントといったノンゲーミング(非カジノ)部門における実習機会を地元大学生に対して提供。IR運営に携わるプロフェッショナル人材の育成育成に取り組むことで、将来のマカオの発展に貢献したいとした。

 また、今回のインターンシッププログラム修了者の9割が今年6月にも大学を卒業見込みとなっており、次のステップとして主任クラスへのスピード昇進プログラム、キャリア体験プログラムへの参加、あるいはフルタイム社員としての採用機会が用意されているという。

 同社では、在職中の社員に対するトレーニングプログラムや生涯学習参加機会も数多く提供している。

あなたにおすすめ