風変わり風船ドレス 水戸でショー、純白や赤に「すてき」

©株式会社茨城新聞社

茨城新聞の電子書籍 第2弾

 常陸時代の佐竹氏を「後三年の役」から「国替え」まで節目ごとに取り上げ、当主の歴史的選択の背景に迫った。

お求めはこちらから
県内で初めて開かれたバルーンドレスファッションショー=水戸市宮町

風船で作られた衣装を披露する一風変わったファッションショーが15日夜、水戸市宮町1丁目の「ホテルレイクビュー水戸」で県内で初めて開かれた。今後、結婚式などの催しでも展開していく予定といい、企画した同市泉町3丁目のバルーンアート専門店「パパメイアン」(佐々木美季代表)は「バルーンアートが持つ無限の可能性を発信していきたい」と意気込む。

ショーは同店の10周年を記念する式典のメインアトラクションとして開催。

会場のステージでは、同店の由来にもなっているバラをあしらった真っ赤なドレス、純白のウエディングドレスなど計5種類の衣装をまとった女性モデルが、スポットライトを浴びながら次々と登壇。花道を進むと、詰め掛けた100人の出席者から「かわいい。すてき」と歓声が飛び交った。

同店によると、衣装にはそれぞれ約200〜500本の風船を使用、時間とともにしぼむため着られる時間はわずか12時間という。佐々木代表(34)は「バルーンアートの認知度は徐々に広まってきている。子どもから大人まで感動できる魅力を今後も伝えていきたい」と話していた。 (鈴木剛史)

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。