河北抄(5/20):物語を追体験できる点が魅力なのだろう。映…

 物語を追体験できる点が魅力なのだろう。映画やアニメ、ドラマの舞台やロケ地を「聖地」と呼び、ファンが訪ねる。その一つが仙台市泉区の宮城県図書館。

 岡田准一さん主演映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』の銃撃戦が撮影された。2015年10月の公開から時間がたっても、目当てに来館するファンがいるという。

 建物入り口近くのガラスには銃弾のひびが入ったようなシールが残る。撮影当時に貼られたロケの証しだ。館内の「地形広場」は、イベントで再訪した岡田さんらが作品に出てくる花にちなみ、「カミツレ広場」と名付けた。

 ロケ地ツアーが8回開かれ、図書館の利用者登録が増えた。「施設の良さを見直してもらうきっかけになった」と、企画管理部主幹の伊藤亮一さん(46)。

 東北各地で海外ドラマのロケが相次ぎ、「聖地巡り」を楽しむ外国人観光客の増加にも期待がかかる。仙台、宮城、そして東北の聖地が網羅できる仕掛けもいいかもしれない。何よりも、まちの魅力に新たな表情を加えてくれる。

あなたにおすすめ