水郷の夏“新章” 70回目の日田川開き観光祭

©有限会社大分合同新聞社

水神祭でアユを放流=20日午前、日田市三隈川

 第70回日田川開き観光祭が20日、日田市中心部などで始まり、山あいの筑後川水系では九州で最も早くアユ漁(友釣り)が解禁された。天領だった街、川、山に多くの人が繰り出し、水郷は一足先に「夏」を迎えた。

 【第70回日田川開き観光祭】三隈川や市街地をメイン会場に始まった。70回の節目を記念したイベントのほか、夜は例年より多い約1万2千発の花火が川面を照らす。21日まで。

 三隈川に浮かんだ船で水神祭があり、参列者は水に感謝し、漁期中の安全を祈願。みこの衣装を着た水郷ひたキャンペーンレディー渡辺莉加さん(28)と井上瑠里香さん(25)がアユを放した。

 主催する日田まつり振興会長の原田啓介市長が「節目の年を迎えて開催できたのは、熊本・大分地震からの復興に尽力していただき、長年祭りを支えてくれた皆さんの協力のおかげ」とあいさつした。

 水上ステージでは、過去の観光祭の思い出写真を編集して作ったパネルを披露。お笑いタレントらによるイベントがあり、会場は笑いに包まれた。

 市街地では子どもらが音楽パレードに繰り出し、万国旗が飾られるなど市内は祭りムード一色。友人と訪れた日田三隈高校1年の佐藤七海さん(15)=同市亀川町=は「毎年楽しみにしている。70回も続いていて市の伝統になっている」と笑顔で話した。

あなたにおすすめ