躍る銀鱗、にっこり 日田・アユ漁解禁

画像早速、アユを釣り上げる太公望。=20日午前、日田市天瀬町湯山の玖珠川画像釣り上げられたアユ=20日午前、日田市天瀬町湯山の玖珠川

 【アユの友釣り】早朝から県内外の釣り客が川に繰り出し、特別な日を満喫した。

 同市天瀬町の天ケ瀬温泉旅館街を流れる玖珠川では、解禁日を待ち望んでいた太公望たちが川の瀬に等間隔で並んだ。

 福岡県久留米市の公務員鎌田正澄さん(51)は「アユのつやや香りは本当に最高。半年以上、この日を待ちわびていた」。アユの縄張りの習性を利用し、長いさおを操って獲物を狙った。

 日田漁協(手島勝馬組合長)によると、今年は人工稚魚106万匹を放流。現在は17~20センチほどに成長している。午前中の数時間で30匹以上の釣果を上げた釣り客もいるという。

 アユ釣りは1日券が3千円、年間券は1万円。同漁協事務所(日田市高瀬)や市内の釣具店で販売している。問い合わせは日田漁協(TEL0973・22・4021)へ。

あなたにおすすめ