「かえんかえ~」暗闇の中、万弘寺の市

画像
仮装した参加者の姿も=20日午前4時16分、大分市坂ノ市の万弘寺広場

 大分市坂ノ市地区で開かれている「万弘寺の市」(大分合同新聞社後援)の名物行事「物々交換」が20日未明、同寺の広場であった。

 午前4時、花火の合図でスタート。暗闇の中、集まった約300人が「かえんかえ~」「かえようえー」などと声を掛け合い、持ち寄った海産物や農産物、日用品などを交換した。

 祖母と参加した同市桜坂の生野琳久(りく)君(11)は「お菓子や乾麺などがワイン、ぬいぐるみ、ウクレレになった。楽しかった」と満面の笑みだった。

 同市は24日まで。21日午前9時からは同広場で「こども物々交換」がある。

あなたにおすすめ