総務相「新しい働き方を普及」

企業出先拠点視察で

サテライトオフィス誘致のモデル事業を視察する高市総務相=20日、千葉県銚子市

 高市早苗総務相は20日、都市部のベンチャー企業などのサテライトオフィス(出先拠点)を誘致するモデル事業に取り組む千葉県銚子市を視察した。「これから広く普及していく新しい働き方。地方への人と情報の流れが起こるようにしたい」と記者団に語った。

 銚子市は市内5カ所に出先拠点用の業務スペースを整備し、今年3月からIT企業など9社を受け入れている。高市氏は、森田健作県知事や越川信一銚子市長とともに、業務スペースが設けられた銚子ポートタワーの展望室を訪問。拠点開設に関心を寄せる企業などの情報を、モデル事業の対象自治体に提供していく考えを示した。

あなたにおすすめ