菊川怜、セレブ経営者夫の隠し子存在を承知で結婚か…メディアが一斉無視の事情

画像菊川怜

 4月28日に女優の菊川怜が結婚を発表したが、その相手は総資産200億円ともいわれる敏腕実業家で、不動産情報サイトを運営するオウチーノの会長や結婚式情報サイトを運営するみんなのウェディングの会長を務める穐田誉輝氏だ。その穐田氏は新婚早々、女性問題が報じられ、祝福の声が一転して批判や懸念に変わっている。

 ことの発端は、今月10日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)だ。同誌の報道によれば、穐田氏には一度の離婚歴があり、前妻との間に子どもが1人いるという。また、2012年に事実婚状態の女性と、浮気相手の女性が同時期に子どもを出産するなど、穐田氏に婚外子が4人いるというのだ。

 これらの事実確認を求める取材に、穐田氏はもとより、菊川の所属事務所オスカープロモーションも返答していない。テレビ局関係者は、こう明かす。

「事実か事実誤認かにかかわらず、本人が名誉棄損で『文春』を訴えることはできます。プライベートなことを勝手に公にされたわけですから、このまま済ませるつもりはないようで、しっかり訴訟の準備をしているといわれています。『文春』の報道を受けて、各メディアが後追い報道をしていないのは、穐田氏側から釘を刺されているからです。ほかにも、スポンサーの問題や、オスカーとの付き合いもあるので、各テレビ局は大きなリスクを背負ってまで過去のことをほじくって報道しないのです。今は、穐田氏に関連する話題は避けている状況です」

 恋愛や結婚は当人同士の問題であるので、菊川自身が穐田氏の結婚歴や4人の子どもの存在を事前に知っているのであれば、まわりが騒ぐことでもないといえる。別のテレビ局関係者は、菊川は穐田氏の女性関係を知ったうえで交際したと推測する。

「穐田氏について、フリーアナウンサーの小倉智昭さんが『僕が女でもまいるだろうな』と絶賛したほか、同じくフリーアナウンサーの高橋真麻さんが『おモテになります』と評していますが、実際は女性関係の問題は有名だったようです。だから、菊川さんが知らなかったはずはありません。それ以上に、男気があるところや、仕事ができるところなど、魅力的な部分があったのではないでしょうか。そんなモテモテの穐田氏が菊川さんに、結婚相手として猛烈にアタックしたといわれています」

 オスカーといえば、所属タレントの米倉涼子が、14年12月に電撃結婚した一般男性とわずか3カ月で別居し、“泥沼協議”とも揶揄される長期の離婚協議の末、昨年12月に離婚が成立した。また、EXILEのHIROと結婚し、第1子をもうけた上戸彩も、多忙さゆえに家庭をかえりみないHIROに失望し、離婚の危機に瀕しているという報道もある。

 菊川については、『特ダネ』(フジテレビ系)のキャスターとしてのイメージが強いため、スキャンダラスな話題は、ほかのタレント以上にタブーといえるだろう。だが、近々訴訟問題が浮上しそうな雲行きが漂っている。
(文=編集部)

あなたにおすすめ