将棋、叡王戦がタイトル戦に昇格

34年ぶり、最多の八つ

©一般社団法人共同通信社

 日本将棋連盟とドワンゴは20日、一般棋戦の叡王戦がタイトル戦に昇格すると発表した。新たにタイトル戦が加わるのは1983年の王座戦以来34年ぶりで、将棋界は最多の八大タイトル戦(竜王戦、名人戦、叡王戦、王位戦、王座戦、棋王戦、王将戦、棋聖戦)となった。

 叡王戦は将棋連盟とドワンゴが主催し、プロ棋士とコンピューターソフトが戦う電王戦への出場棋士を決める公式棋戦として2015年に発足。電王戦が今大会限りとなることから、叡王戦はタイトル戦として再スタートを切ることになった。

 決勝7番勝負は来年3~5月に実施され、初代叡王が決まる。

あなたにおすすめ