鈴木清順監督の世界を特集上映

東京・神田神保町

映画「殺しの烙印」の一場面=(C)日活

 【独特の様式美】

 ことし2月に死去した鈴木清順監督の作品を振り返る特集上映「映画監督 鈴木清順の世界」が東京・神田神保町の神保町シアターで6月10日から開かれる。7月6日まで。

 代表作の高橋英樹さん主演「けんかえれじい」(1966年)や、宍戸錠さんが出演する「殺しの烙印」(67年)、チャン・ツィイーさんやオダギリ・ジョーさんらが出演し遺作となった「オペレッタ狸御殿」(2004年)など20作が上映される。

 鈴木監督の作品の鮮やかな色彩と独特な様式美は「清順美学」と呼ばれ、海外からも評価が高かった。

 一般1200円、シニア千円。問い合わせは神保町シアター、電話03(5281)5132。

あなたにおすすめ