トップ棋士5人でもAIに敗北

アルファ碁実力示す、中国

 【烏鎮共同】米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャー「ディープマインド」(英国)の囲碁ソフト「アルファ碁」と、世界的な実力を持つ中国のトップ棋士5人のチームによる対局が26日、中国浙江省烏鎮で行われ、アルファ碁が勝利した。

 5人は時越九段(26)や唐韋星九段(24)ら。打つ手を協議しながら対局を進め、中盤で押し込む局面もあったが、安定した力を見せたアルファ碁に歯が立たなかった。対局は「碁の未来サミット」のイベントの一環。

 アルファ碁は25日、「世界最強」とされる中国人棋士、柯潔九段(19)との3番勝負の第2戦に勝利し、2連勝で勝ち越しを決めた。

あなたにおすすめ