木更津高専に経産大臣賞

サイバー防御コンテスト

画像
世耕経産相(右端)から表彰を受ける木更津高専チーム=27日午前、和歌山県田辺市

 サイバー攻撃を受けた際の防御力を競う「情報危機管理コンテスト」の主催団体は27日、専門家による審査結果を発表した。総合評価が高かったとして経済産業大臣賞に木更津高専のチーム「Yone―labo」、文部科学大臣賞に関西大の「KobaIPS」が選ばれた。

 コンテストは学生が対象で、不足している情報セキュリティー技術者の育成が目的。予選には全国の26チームが参加し、26日には和歌山県田辺市で5チームによる決勝があった。ホームページが見えなくなるといった事態に対し、迅速に復旧させる技術力などを競い合った。

あなたにおすすめ