たばこ自販機設置禁止、7割支持

世界禁煙デーで意識調査

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 国立がん研究センターは世界禁煙デーの31日、たばこの自動販売機の設置禁止に68%が賛成しているとの意識調査結果を公表した。コンビニなどでたばこのパッケージが見える状態で売る「陳列販売」も55%が禁止を支持した。

 日本も加盟する世界保健機関(WHO)の「たばこ規制枠組み条約」の指針では、自販機や陳列販売は広告に相当するとして禁止を推奨している。がんセンターの平野公康研究員は「一般の人でも禁止すべきだとの意見が多かった。政策に反映してほしい」と話している。

 調査は5月、喫煙者と非喫煙者を対象にインターネットで実施。

Curated by

papers

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。