全国鋼索商業連、クリアファイルなどを作成

©株式会社鉄鋼新聞社

 ワイヤロープの販売店で組織する全国鋼索商業連合会(会長・松本健彦マツモト鋼板社長)はこのほど、ワイヤロープ業界の認知度向上などを兼ねてクリアファイルとチラシを作成した。

作成したクリアファイル

 同連動会と線材製品協会鋼索部会と全日本ロープ加工組合連合会が協力して作成したクリアファイルとチラシは同じデザイン。全国鋼索商業連合会が主催となって制定した〝ロープの日(6月2日)〟と、2013年に商標登録したワイヤロープのロゴマークなどが記載されている。ロゴマークのJWRA(JAPAN WIRE ROPE ASSOCIATION)は、全国鋼索商業連合会の略称。

 松本会長は「少しでも多くの方にワイヤロープ業界のことを知ってもらいたい」と話した。また「関係団体に配布したところ非常に好評を得ている」という。同連合会は今後、クリアファイルの販売も視野に入れながら、ワイヤロープの認知度向上と国内JISメーカー商品の販売促進および安全講習や啓もう活動を推進する方針だ。