独国籍のVWジャパン常務を逮捕

覚せい剤取締法違反の疑い

 神奈川県警金沢署は14日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で、フォルクスワーゲン(VW)グループジャパン(愛知県豊橋市)の常務執行役員で、ドイツ国籍のトーマス・ジーベルト容疑者(53)=東京都港区赤坂=を逮捕した。

 逮捕容疑は6月上旬ごろ、東京都周辺で覚醒剤を使った疑い。「コカインを使ったことは認めるが、それ以外は使っていない」と供述している。

 横浜税関によると、川崎外郵出張所(川崎市)の郵便物検査で得られた情報を県警に提供した。

 署によると、6月に自宅を家宅捜索、尿から覚醒剤の陽性反応が出た。入手経路を調べている。

あなたにおすすめ