ロシアW杯サッカー開幕まで1年

薬物問題から信頼回復途上

画像
13日、モスクワの動物園前に設置されたW杯マスコット「ザビワカ」のオブジェ(共同)

 【モスクワ共同】サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕まで、14日であと1年を迎えた。同国では14年ソチ冬季五輪に続くビッグイベントだが、汚点を残した国ぐるみのドーピング問題から信頼回復の途上にある。サッカーの祭典に向けて世界中の視線が注がれる。

 舞台となるのは首都モスクワやサンクトペテルブルク、ソチなど11都市の12会場。1980年モスクワ五輪でメイン会場となり、W杯でも開幕戦や決勝などが行われるルジニキ競技場の改築が6月8日に終了するなど、既に5会場は完成した。

あなたにおすすめ