五輪商標、無断で販売容疑

ピンバッジに使用、全国初

画像文字商標「TOKYO 2020」を無断使用したとして警視庁が押収したピンバッジ=15日午前

 東京五輪・パラリンピックの文字商標「TOKYO 2020」を無断使用したピンバッジを販売したとして、警視庁生活経済課は15日までに、商標法違反の疑いで、愛知県愛西市、自営業原竜也容疑者(40)を逮捕した。同課によると、2020年東京五輪の文字商標を巡る摘発は全国初という。逮捕は14日。

 逮捕容疑は昨年8~10月、インターネットのオークションサイトで名古屋市の主婦(43)ら3人に、東京五輪の文字商標を無断で使用したピンバッジ6個を計5万4100円で販売した疑い。

 生活経済課によると、原容疑者は「商標だとは思わなかった」と容疑を否認している。

あなたにおすすめ