トピックスポーツ

釣りガール、16キロのカンパチ

画像

 6月9日、福岡在住の釣りガール「みっぴ」こと秋丸美帆さんが、ダイワの新しい電動リールのテスト釣行を兼ねてカンパチの泳がせ釣りに挑戦。シーランドのスタッフ6人と共に、午前7時に通称那覇北マリーナから「ヨセミヤ3」で出船。2時間程で慶良間のポイントに到着し、まずは餌となるムロアジを狙う。

 ソナーで群れを見つけ、サビキを投入すると30センチ前後が次々に釣れる。しばらくすると釣れたムロアジに大物が食いつき仕掛けが切られるようになったので、秋丸さんは釣れたムロアジを餌に大物仕掛けを入れた。底から5メートルほど仕掛けを上げて待っていると、穂先がブルブルと震え大物が近づいたことを知らせてくれる。何度か竿(さお)が大きく引き込まれるが早アワセは禁物で、竿が思いっきり引き込まれてからアワセを入れ、電動リールで巻き上げると7~8キロのオーマチが次々にヒット。

 しかし、本命のカンパチが釣れないので、午後から渡名喜沖に移動。仕掛けを入れアタリを待っていると竿が大きく引き込まれ、電動リールのスイッチを入れ手持ちで引きを楽しみながら巻き上げる。しばらくして海面に浮いたのは、この日最大の16キロのカンパチ。この日はメンバー全員がカンパチやオーマチを釣り上げ大漁した。ヨセミヤ3(電話)098(832)7149。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)

あなたにおすすめ