築地市場の一部再生案浮上

豊洲移転後、特区活用も

 東京都の小池百合子知事が検討している豊洲市場の移転問題に関する基本方針で、豊洲に移転後、将来的に築地を再整備して一部の市場機能を戻す構想が浮上していることが18日、関係者への取材で分かった。国家戦略特区制度などを活用することも選択肢という。ただ都庁内には築地再整備に慎重論が強く、最終的に基本方針に盛り込むかも慎重に検討している。

 一方、小池氏が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」が基本方針に沿う形で、豊洲問題に関する都議選の公約を見直すことも関係者への取材で判明した。

あなたにおすすめ