トピック熊本のニュース

願い事かなうかな、園児が七夕飾り付け 合志市

画像
七夕の飾り付けを見上げる保育園児=合志市

 合志市の市総合健康センター「ユーパレス弁天」で19日、市内の保育園児による七夕の飾り付けが始まった。23日までに10園の園児約200人が5本のササ飾りを作り、ロビーに展示する。

 温泉施設を利用する住民に親しんでもらおうと、センターが実施している恒例行事。初日は御代志の「かすみ保育園」と、豊岡の「すずかけ台保育園」の園児合わせて約40人が訪れた。地元の峯樹木園が提供した長さ約6メートルのササ竹に、折り紙で作った飾りや願い事を書いた短冊を結び付けた。

 園児たちは「新幹線に乗りたい」「水泳が上手になりますように」など、短冊に願いを託していた。すずかけ台保育園の市本剛貴ちゃん(5)は「仮面ライダーになりたい。みんなで飾るのが楽しかった」と話していた。(宮崎あずさ)

あなたにおすすめ